彼岸過ぎの”ぼたもち”

春彼岸もすぎてしまったのですが、penpenさんのブログをみて
どうしても食べたくなってつくりましたよ〜〜。
ぼたもちを!!
母に言わせると、これは邪道なのかも知れない。
いやきっと怒られるにちがいない!
けど、餡こしザルを購入するのには、とっても勇気が必要なので
私は、こう作ります。

c0027369_065590.jpg




まずは、小豆を軟らかめに茹でます。


そして、茹であがったら、そのままミキサーの中へドボドボとお玉ですくって入れます。
この時に、茹で汁も全体量の三分の一ぐらいいれます。

そして、スイッチON。


ものの見事に、ペースト状になります。
これって、フープロがあるともっと便利だと思う。
とっても欲しい!!が、ミシンを購入してしまったので、見送り・・。残念!斬り!ジャン。



c0027369_0143722.jpg
ペースト状になったら、鍋に戻し煮詰めていきます。
この時に、砂糖を甘さを見ながらいれ、甘さが決まったら一振りの塩をいれて
冷ましておきます。(隣にあるのは、お汁粉用)
これで、こし餡のできあがり。


市販のぼたもちも美味しいのだけど、やっぱり甘過ぎちゃって。。
しかし、今回のあんこは砂糖が足りなかったわ。
餡の照りがいまひとつ。。。

そして、”ぼたもち”ができあがりました。(すこしお禿げがきになるが・・)
c0027369_0182790.jpg

正月明けに、安売りしていたお重をひっぱりだして
入れてみました。
やっぱり「朱色」がよかったなぁ〜。「クロ」しかなかったのよね〜
これ、3段重ねで漆塗りなのに、3千円ちょい。
お買得!!と言い聞かせて、来年のお正月の為に購入しました。
もちろん、『御優待』ってやつで(笑)

子供達も、出来上がった”ぼたもち”を見て、夕飯前だというのに
2個ずつペロリと平らげてしまった。
よかった〜おいしぃ〜って食べてくれてたよ。
その言葉が聞きたくて日々作っているようなもんだもん。

そして、夕飯はというと。。次回へつづく
*次回へばかりで、まったく追い付かないよぉぉぉぉ〜
[PR]

by blueleaf9 | 2005-03-26 00:28 | きせつのこと