カテゴリ:ほぞんしょく( 68 )

黒豆の酢漬け



夏のお茶請け。

お茶請けばっかり(笑)と笑われそうですが
職場では10時と3時に、お茶の時間があるのです。
もう4年目にもなる職場なので、体が10時と3時には
お茶モードになるわけなのです。
c0027369_7292599.jpg



蒸した黒豆にお酢と砂糖をいれて煮ておいた汁をいれつけ込んでおきます


【訂正いたします。】

もっと簡単に”市販のポン酢”に漬け込んだだけです 
(馬路村のポン酢しょうゆにつけました。)

《→ 酢•砂糖を煮た汁は、ミョウガつけこんでのでした。。。》


そうするだけで、できあがり。


c0027369_7295251.jpg



暑いとき、お茶とお豆といただくのが、これがまた美味しい。


c0027369_7315425.jpg



普通の煎茶も水だししてみたら、美味しく頂けることを発見。


葉をすこし多めに急須にいれ、そのまま冷えた水をいれて
葉がひろがるまでしばし待つと、渋くなくおいしい冷茶がいただけます。



はぁ〜〜この夏のお茶請けってほんとにおいしい。
[PR]

by blueleaf9 | 2010-08-04 07:26 | ほぞんしょく

きゅうりと茄子のお茶うけ



おはようございます。


毎日、まだまだ暑いですね。

暑いときにお茶うけにぴったりな
キュウリの酢醤油煮


ちょっと酸っぱくて、しょっぱくて
鷹の爪もすこしはいっているので
すこしだけピリ辛
c0027369_7121350.jpg


煮て冷やし、煮て冷やしとするので
食間はパリポリしています。


畑でキュウリが採れるからこそ作れるものです。


そして、もうひとつ。

こちらは子茄子の醤油漬け
c0027369_7143829.jpg



片手でシャッターを押したので
ピンぼけで見にくいですが。。

この子茄子も畑のもの、早めに摘み取る子茄子。
こんな贅沢ができるなんて幸せだ。

ただ醤油につけておくだけで
夏こその美味しさを味わえます。


みなさんも子茄子を見つけたときは、ぜひやってみて♪
[PR]

by blueleaf9 | 2010-08-04 07:08 | ほぞんしょく

梅仕事



いよいよ、夏本番の八月になりました。
毎日、毎日のうだるような暑さ。。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


今年の梅は、赤紫蘇を畑に植えたので、赤い梅干しにしてみました。

やはり、白干しの梅もきれいに色がつくけれど
赤紫蘇の赤い色は、きれいですね。


c0027369_13483738.jpg
















バテ気味デス。。。
[PR]

by blueleaf9 | 2010-08-01 13:42 | ほぞんしょく

新生姜の甘酢漬け



ご無沙汰いたしております。

仕事やら子供たちのことやら。
ひとつずつこなしておりますが、
どうやら体力がなく、夜の此の時間に起きているのが
ひじょ〜〜に珍しいことでございます。


毎日のこのあつさ。。ムシムシと蒸し暑いのが
体力をうばっている一つとおもいます。

毎日、隙間の時間を探してはパソコンにむかいたいのだけど
子供たちの送り迎えもないのにも関わらず
どうしても時間がうまくできないでいます。

少し時間があるときは、保存食などを
コツコツとつくっていたりする大事な時間でもあります。


今年の新生姜の甘酢漬けは、スライスしてみました。
もちろん、スライサーをつかったのだけれど、
普段つかわないからなのか、きれいなうすいスライスには
ほど遠い。状態となりました。



c0027369_23542350.jpg




毎年、ある程度の固まりのままつけ込んでいましたが
取り出してからきる作業をはぶきたかったのと
大きな瓶が不足していたため。
約1キロの新生姜ですが、固まりにすると梅酒の瓶の
大きさがないとつけることができません。

スライスすると、同じ量でも冷蔵庫に入るタイプの瓶で
ちょうどはいることになり、いつもなら常温で保存していますが
冷蔵庫の中で保存できます。

銭湯にあったような、ジュースをいれる小さな冷蔵庫が
欲しいとおもいつつ、小さな我が家にはおく場所がなく。
欲望と夢だけは、保存食をつくるたびに、ふくらむのであった。




[PR]

by blueleaf9 | 2010-06-28 23:47 | ほぞんしょく

今年の味噌


寒仕込みした今年の味噌

醤油の仕込みはこの日!という日に仕込まないと
醤油にならないらしいが、味噌はこの日!とでなくとも
もうすこし暖かくなってからでも大丈夫なそうです。


いつに仕込むか、自分で決めておいた方が楽なので
ワタシは寒仕込み!と決め大寒の日近辺にすることにしています。


一晩じっくり水につけた大豆
c0027369_2243423.jpg



麹をほぐします
c0027369_2251991.jpg




奥にある塩と麹を混ぜておきます
c0027369_226838.jpg




一晩 みずにつけた大豆を柔らかくなるまで煮ます。
それを、フープロですこしずつ、つぶしていきます。


c0027369_2264968.jpg




塩をまぜておいた麹をつぶした大豆と混ぜます。
c0027369_229994.jpg




ボール状にまるめていきます。
c0027369_2295799.jpg



樽に漬け物用のビニールを敷き、その中に
これでもかっ!ってなぐあいに投げ込んでいきます
空気が抜けるようにするため。。

しっかりとビニールで蓋をして重しをして
ただいま熟成中です。
c0027369_2211723.jpg





こういう作業をやっているとき、やっぱりたのしいだなぁ〜これが。



夏をこしたら食べられるようですが、
すこし涼しくなるまでがまん、がまん。



できあがりが、たのしみです。


今年の味噌セットは
"米五のみそ"さんから購入しました。

昨年は、川善味噌本舗さんの煮大豆のセットにしました。

味噌作り、まだ二年目。すこしずつ量をふやしていきたいな。



 
[PR]

by blueleaf9 | 2010-02-06 21:59 | ほぞんしょく

味噌《寒仕込み》


一晩ひたした大豆たち


c0027369_20255474.jpg



昨年つくった手前味噌がとてもおいしかったので
今年は出来上がり予定量5キロ以上でしこんでみました。


大寒の日に仕込む。
毎年の恒例になっていきそうです。




[PR]

by blueleaf9 | 2010-01-23 20:26 | ほぞんしょく

ぶどうのじゃむ

今年も、ぶどうさんのエキスをいただきました。



c0027369_22363820.jpg



今年は、ばつぐんのできばえ。

こうなると、来年はもう少し量をふやそ!

職場のみんなにもすこしだけお裾分け。

みんなの喜んでくれる顔がたまらなくうれしい。


ジャムのまえにジュースをしぼるのだけど
これが、また、とってもおいしい。

子供たちにジュースはあっという間に飲まれ
これまたうれしい限り。


また秋の用事がひとつおわった。


[PR]

by blueleaf9 | 2009-10-29 22:35 | ほぞんしょく

キンモクセイのシロップ

あれや、これや。
秋は行事や用事が目白押し。

子供たちの行事と仕事の行事とかあさんは
あっち、こっちで小走りです。


先日、採取したキンモクセイ。(ひとつまえの記事)
すぐさまシロップ煮にしておき、保存。


c0027369_15513242.jpg


この瓶みていると、なんだか元気がでちゃう。
オレンジってやっぱり元気カラー。






このシロップをつかって
[PR]

by blueleaf9 | 2009-10-28 15:47 | ほぞんしょく

パプリカを漬ける。


このときのパプリカ

まとめて収穫できたので、生でサラダや炒めても食べられるけれど
友達が斬新な使い方をしていたので、ワタシも。。つくってみました。


c0027369_20354968.jpg



グリルで焼いて、皮をむき千切りにして水気をとり
そのままオリーブオイルにつけこんでみました。

黄色のパプリカはきれいな色のままなのだけど
赤いパプリカは、、、なんだか発色がわるくなってしまいました。

ついでに、三色になるかなぁ。。とおもって緑のままのパプリカもやってみたけれど
もっと発色がわるく、きったなぁーーい(笑)

味は変わらないのだけど、見た目が。。。きれいなほうがいいよね。



c0027369_20365361.jpg




左側は、先日いただいたイタリアントマトのドライトマト。


この両方をいれてマフィンをやきました。



それは、、Macがたちなおってからのお楽しみ。



教えていただいた、友達さま いつもサンキューーです。









++++++



Macでもwinでもブログが更新できるように
少しだけ処理した画像をUSBに保管していたのでよかった。


こんなことなら、もうすこしまとめて画像をUSBに移しておけばよかったなぁ。
[PR]

by blueleaf9 | 2009-09-29 20:30 | ほぞんしょく

うめ仕事 番外編

青梅がでまわったころに、半分はシロップに。
そしてその半分は、初めての試み。。


c0027369_21444120.jpg


《 6月22日にしこみました。》




c0027369_21445858.jpg





一つの瓶は、醤油と竹串で穴をあけた青梅
もう一つの瓶は、友達のおばぁちゃんが作ってくれた味噌に
同じく竹串で穴をあけた青梅をギュウギュウといれたもの。

醤油の瓶はそのまま香りをうつしています。
お刺身などの醤油として使うといいらしい。

味噌は、お盆のころに、味噌から梅をとりだし
種を取り除き、味噌と一緒にフープロでつぶしました。

この味噌も、まだつかっていないのだけど
どんなふうにつかおうかなぁ。。。



最近、保存食もみなおされているのかな。
結婚したばかりの20年くらい前は、梅の特集なんて言うのは
NHKのきょうの料理とかくらいしかなかったような。。

ところが、ここ最近は保存食の本がいろいろとならんでおり
ワタシはとても楽しい。

図書館に至っては、保存食というタグがついていたりして
とても閲覧しやすくなってきています。

いろんな方が、昔からの保存食を現代風にしたり
昔ながらのままにしていたり。

おばあぁちゃんからおかあさんへ、
おかあさんからこどもたちへ。

それがなかなかままならなり代わりに書物として
残るのも、これまたしかり。。。



なにはともあれ、作っているときがとてもたのしい。




そうだ。6月13日に小梅もつけたのです。

c0027369_2294466.jpg



卵の殻を入れ忘れてしまい、カリカリ梅になるはずが
普通の小梅になってしまいました。



[PR]

by blueleaf9 | 2009-08-30 21:42 | ほぞんしょく