干した大根で。。


冬の代表選手大根の季節です。

最近は作っている方も多いとおもう切り干し大根。

ご近所からたくさんいただいたので一本は煮込んでいただき
一本はサラダやお味噌汁でいただきました。
そして一本は、すべて千切りにして切り干し大根に。
まるまる一本をつかっても、小さなボウルに一杯くらいの
できあがり。
しっかりと乾燥してくれました。

2〜3日は様子を何度も見ているのだけど、
何日かすると、すっかり忘れてしまって、
部屋の中がどうも大根臭い。。とおもっていたら

そうそう、切り干しほしていたんだわ。と

そんな具合が、ちょうど良く乾燥してくれたりする訳です(笑)


c0027369_2318032.jpg




切り干しをつかって、切り昆布やカニかまなどいれて
中華ベースのドレッシングをつくりあえて見ました。

これ、いけます!!
お弁当にもバッチリです。

c0027369_23182196.jpg




そして、もうひとつ。

漬物用の大根をいただいたので
薄切りした大根に柚を巻き込んであります。

三分の一くらいだけ、ショウガとゆずを一緒に巻き込みました。


昔からある、作り方の様です。
(私は先日教えて頂いて初めて食したのですが、
今の季節しか作れない保存食です。
教えていただいたので、さっそくつくってみました。)

c0027369_2319570.jpg



からからに乾く前に、甘酢に漬けて頂くのも良し、
乾ききったものは、保存しておくのもよし。

昔の人は、こうやって季節のものを大事にいただいていたのですよね。

見習わなくては。。。

c0027369_23192387.jpg


薄切りした大根が半乾きになったら、柚(ショウガも)の千切りを
まいていきます。

木綿糸で通して、そのまま涼しい所に干してあります。
お日様があると、2−3日干せば、カリカリになるのですが
写真は、まだしんなりしている状態です。


ここのところ、お天気が不安定でお日様がかくれてしまっています。
もう少し巻いておこうかなーー。




とにもかくにも、こうやって吊るしていたりするのが
楽しかったりするものです。

そして、なによりも出来上がりが、たのしみです。

[PR]

by blueleaf9 | 2008-01-23 23:11 | ほぞんしょく